生理痛・月経前症候群(PMS)の漢方薬と漢方治療

横浜 同仁漢方薬局
店長 山根直子(リン)
元中国漢方専門医
国立遼寧中医大学医学部卒
東洋医学理論講師
漢方薬局アドバイザー
症状別漢方
漢方健康茶
健康のかぎ
気血水とは
体質チェック
漢方の特徴
同仁漢方薬局 東京|横浜
お問合せフォーム

横浜市地下鉄 吉野町駅前

生理痛と生理不順


不妊症治療の体験談

不妊症・二人目不妊

男性不妊

アトピーの治療と実例写真

ニキビとニキビ跡

抗がん漢方薬とがん治療

更年期障害

うつ病と自律神経失調症

喘息の漢方
更新日 6月7日
ホーム症状別漢方健康の鍵薬局のご案内・アクセスお問合せフォーム通販ページ

生理痛・月経前症候群(PMS)

月経前症候群」とは、生理の1週間程前に、女性の体に起こる身体的、精神的不快な症状の数々のことです。症状、程度については個人差が大きく、症状としてはイライラ、不眠、無気力、乳房がはる、ゆうつう、集中力低下など150以上もあると言われています。
原因ははっきりとは分かっていませんが、生理周期にともなう、女性ホルモンのバランスの変化が原因と言われています。
漢方医学では「生理痛はない」と考えるのが一般的なのです。つまり会社を休むまでの辛い痛みや不快感があるのは、身体になんらかのトラブルがあるサインです。鎮痛剤を飲むだけでは、根本的な改善にはなりません。婦人病(子宮内膜症、子宮筋腫、不妊症など)が進行している恐れもあります。
生理痛月経前症候群の漢方治療では、西洋医学的治療のピルのようにホルモンバランスを無理やり変えるものとは違い、身体に負担をかけることなく全身のバランスを整えていくことができます。
婦人病の漢方治療は、当店得意分野です。重い症状の月経前症候群を悩み、生理痛の痛みが激しい、なかなか改善しない方は、当店の
オーダーメイド漢方煎じ薬をおすすめいたします。 痛みや不快感を改善して、快適な生活を手にいれましょう。

■ 生理痛・月経前症候群に用いる漢方薬 ■

● 衝任虚寒タイプ 冷えタイプ 普段寒がり、冷え性があるほうが多い
【症状】 生理時下腹部が冷えて痛む、生理周期やや長め、 腰背部がだるい、手足が冷える、経血量が少なめ、色は暗めで塊もある
漢方薬生薬例 阿膠 桂枝 人参 牡円皮 生姜 川キュウ 半夏 芍薬 甘草など
●肝鬱気滞タイプ イライラタイプ 緊張しやすい、ストレスを受けやすい、几帳面が多い
【症状】 生理1週間前くらいから、感情の起伏が激しくなり、イライラ、肩こり、偏頭痛などがあらわれる。 経血に塊がある、下腹部両側の張った痛み、胸脇部に広がることもある
漢方薬生薬例 当帰 芍薬 茯苓 柴胡 牡円皮 山梔子 生姜 薄荷など
◆お血タイプ 血流が良くないタイプ
【症状】下腹部中央に強い痛み、腰や尾底部に広がることもある、月経周期が一定しない、経血が紫色で小凝血塊が混じることが多い。
漢方薬生薬例 桂枝 茯苓 桃仁 紅花 延胡索 川キュウ 牡丹皮 田七人参など
◆気血両虚タイプ 貧血タイプ
【症状】 鈍痛、顔色が白っぽい、またはさえない黄色、疲労感、ふらつきがある経血量が少なめ、色は淡い
漢方薬生薬例 川キュウ 当帰 地黄 芍薬 艾葉 甘草 延胡索など
これらのタイプは単独の場合もありますが、重複しているケースがほとんどです。
漢方薬を飲む前にご相談ください。お気軽にどうぞ!
★ 生理中の基本
☆ 体を冷やさない:アイスクリームや、冷たい飲料水を控えましょう。
☆ 激しい運動をしない!
生理痛・月経前症候群の漢方薬のご相談、ご購入は045-262−3667

TOP症状別漢方健康の鍵漢方の特徴薬局のご案内・アクセスお問合せフォーム通販ページ
横浜の同仁漢方薬局|東京 川崎 横須賀 鎌倉 相模原 藤沢 埼玉 千葉など遠方からも来店多数
〒232-0012 神奈川県横浜市南区南吉田町4-40-2-1F
横浜市営地下鉄「吉野町駅」4番出口より徒歩1分